新陽税理士事務所の税務調査の対応スタンスについて

こんにちは。札幌の税理士の吉田です。

税務調査の立ち会いは、その立ち会う税理士事務所により対応が違います。誰一人同じような対応はないと思います。

そこで、弊所の対応を書きたいと思います。

完全なシロと完全なクロを明らかに

まずは調査前の事前の確認段階で、法律的にシロのもの、クロのもの、これを区分けしておきます。

完全にシロのものは税務調査官がどう言ってこようと、シロで間違いありません。

逆に完全にクロのものは、こちら側がどうあがいてもシロにはできません。

まずこれを区分けして、案件の洗い出しを行います。

シロでもクロでもないグレーゾーンの処理

税法は法律で100%定められていないグレーゾーンな取引があります。

それに関してはクロで認めるとクロになりますが、シロと主張しても、調査官が「それはクロでしょ」と言ってくる場合があります。

私たちのスタンスとして、グレーゾーンに関しては、反論材料をきちんと用意して調査に臨みます。

また、グレーゾーンと一言に言っても、シロに近いグレー、クロに近いグレーとありますので、私たちの経験測や税法の成り立ち、各種判例からどの程度のグレーなのかもお伝えします。

グレーゾーンに関しては、隠したり盛ったりなどしていないので、否認されても見解の相違になります。

もちろん、リスクも説明させて頂いた上で、代表者様にご決断していただきます。

グレーゾーンに関しては私たちも税法を駆使して戦います。

交渉(駆け引き)などについて

税務調査とは不思議なもので、ある程度交渉が通用する場合があります。

やみくもに「もっと追徴課税を減らしたい」と言っても、それは調査官に受け入れてもらえるはずもありません。

調査全体の状況、各種否認事項の状況などに照らし総合的に勘案して交渉します。

個人的なことですが、「総合的に勘案」という言葉はあいまいで嫌いなのですが、この場は総合的に勘案するしか良い表現がありません。

あまりにもこちら側の失点が大きい場合は、とても交渉の余地がなかったりします。

法律的に杓子定規に進める部分とそうでない(交渉)の部分をきちんと区分けして調査に臨みます。

 

外部への投資

新陽税理士事務所では税務調査の対応をきちんとできるように、外部に費用をかけて以下のことをしています。

・税務調査の研修

・元国税調査官の意見を聞く

・その税目に強い税理士等の意見を聞く

・各種税法のデータベース

上記で3桁に近いくらい費用をかけ、また時間もかけて税務調査の対応力を上げていっております。

対応力を上げても、状況によって、反論の余地なしとなる場合もあるかも知れませんが、全力でお客様の力になれるようにさせていただきます。

少しでも不安が解消されることを願っております。

 

新陽税理士事務所への税務調査立ち会い依頼は下記をご覧ください。

札幌の新陽税理士事務所の税務調査サイト

税務調査対応税理士のご紹介はこちらから。

新陽税理士事務所の税理士ご紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0 follow us in feedly

メッセージ

入力エリアすべてが必須項目です。
メールアドレスが公開されることはありません。

*コメント

*名前

ページ最上部へ